SHOEI X-FourteenとArai RX7 RR5の比較

ヘルメット1

ヘルメット、買いました!!(≧▽≦)

 

先日、ヘルメット問題←クリックということでちょっと書きましたが

やっとのことで新しいヘルメットを買いました(≧▽≦)

上の写真、向かって左が今までかぶっていたもの、右が新しく買ったものです。

今までかぶっていた左がArai RX-7RR5 HAGA SBK

今回新しく買った右がSHOEI X-Fourteen Marquez4

X-Fourteen Marquez4をかぶって一泊ツーリング行ってきたんですが、最高ですね!!

何しろかっこいいです、はい。

ものすごく気に入りました。

ただ、このモデルのこの色を買う方は気を付けてください。

こんなことが書いてありました↓

ヘルメット0

そ、そうか~~~、「色褪せ」か~~~(。-`ω-)

これが蛍光色だとか一切考えなかったし、きれいな赤だなくらいにしか思っていなかったな。

そして、色褪せなんか思いもよらなかった(^^;)

まあ、アドバンス4番の場合、年に数度のツーリングの時しかかぶらないし

それ以外の時には袋に入れてクローゼットの中だから大丈夫だと思うし

事前に知っていたとしてもやっぱこれ買ってたよな(^-^)

そんなわけで、普段使いする人は「色褪せ」については検討する必要があるかもしれませんね。

 

 

で、ちょっとやってみたくなったのが、両方の比較です。

普通にこのヘルメットの感想を言うよりもいろいろわかりやすいかなと思います。

本当はバイクの記事なので、エアハッチのサイトの方でやろうと思ったのですが

(キャンプとバイクのことはエアハッチ、日々のことはアドバンスレーザーでと決めていた)

ここのところツーリングの記事が続き、エアハッチの方ばかり記事が増えているので

あっちとこっちで分かりにくくなっちゃうかもしれませんが、

今回はこちらに書かせていただきますm(_ _)m

 

ただし、比較といってもハンデがありまして、今までかぶっていたAraiRX-7RR5は

発売が2008年ということでちょうど10年前のモデルです。

(現在のAraiの最新モデルはRX7RR5の後継ということでRX-7Xということで3年前に発売されていますが

今回はこの最新モデルのRX-7Xではありません)

対して、今回購入したSHOEIの最新モデル、X-Fourteenは2016年発売です。

つまり2008年発売のAraiのモデルと2016年発売のSHOEIのモデルの比較ということになりますので

そのあたり、よろしくお願いしますm(_ _)m

 

それではまず外観から。

 

ヘルメット2

ヘルメット4

ヘルメット3

ヘルメット5

 

まず何といっても一番目に付く違いは後頭部。

SHOEIの方は後頭部が後ろに伸びてとがっています。

それからあごの部分。

Araiは丸みがあり、SHOEIの方がほっそりしています。

もう一つはシールドの取り付けですよね。

SHOEIの方にはシールドを抑えるシールドホルダーがありません。

他にもちょこちょこ違うところはありますが、ぱっと見はこれくらいでしょうか?

あ、ちなみにX-Fourteenの方が後頭部がとんがっていて長いですので

その分重いのかなと思い、重さをはかってみました。

両方ともMサイズでの重さです。

RX-7RR5が1,562g、X-Fourteenが1736gでした。その差は174gです。

ただし、X-Fourteenの方は聴くだけブルートゥース2装着状態です。

それを外せば100g以内に収まってきそうです。

そして、かぶっていても重さは全く感じませんでした。

むしろ首が楽なのはX-Fourteenの方かもしれません。(理由は下に書いてあります)

 

それでは二つのヘルメットの違いをあげていきたいと思います。(あくまでも個人的感想ですが)

点数はアドバンス4番の満足度の点数です。

RX-7RR5を100点とした場合のX-Fourteenの点数となります。

 

 

RX-7RR5に比べて〇な部分

 

高速道路ですごく楽 200点

いままでAraiでしたが、SHOEIにかえてびっくりしました。風圧で頭がぐらぐらしないし、

後ろにもっていかれないので首が疲れないです。

これはもうRX-7RRと比べて劇的に違います。本当に驚きました。

RX-7RRのときは、本当に頭がグラグラしたり風圧をとても感じたのですが

X-Fourteenは全く平気。

高速道路であうえkm/h出してみたのですが、全く平気。

むしろ、風の力で頭をその場所に安定させているような感覚さえあります。

たぶん、下道であまりスピードを出していない時でも効果は出ていると思います。

RX-7RR5にも後頭部に可変エアロフィンが付いていますが、サーキットなどではどうか知りませんが

ツーリングでは全く効果なしです。

Araiの最新モデルのRX-7Xも形は変わらないので、上のような感想はそのまま当てはまる可能性が

高いと思います。

 

・風切り音が小さい(ような気がする)110点

シールドホルダーがない分、Araiより静かな気がします。

聴くだけブルートゥース2の音も高速道路で80km/hで走っていてもちゃんと聞こえました。

 

・涼しい 120点

Araiの方が派手なダクトがあるのとシールドにもエアインテークがあるので

涼しいかと思ったのですが、SHOEIの方が涼しいですね。

これ、結構涼しいと思います。

 

・視界が広い 110点

被ってすぐわかったのですが、視界が広いです。

あごを引いて上目遣いで前方を見たときに、RX-7RRだと顔の開口部の上の部分

つまりおでこのあたりのヘルメットの縁が見えてしまうような体勢でも、

X-Fourteenの方はヘルメットの縁などは見えず、視界が広いです。

両方をかぶり比べてよく比較したわけではないので、横方向や下方向はわかりませんが

上記のように上方向の視界は確実に広いですね。

 

・スピーカが取り付けやすい 150点

これは、また今度詳しく書こうと思いますが、聴くだけブルートゥース2やインカムなどの

スピーカーを耳の部分に取り付けるとき、SHOEIには本当にちょうどいいくぼみが

耳の部分にあるんです。

Araiの場合はチークパッドを外して、チークパッドの中に仕込まないといけません。

 

・かっこいい 180点

これは完全な主観です。形、かっこよくないですか?(^^)

後頭部のとんがり、なんか単なる丸に比べて次世代な感じ?

 

タンデム1

 

 

RX-7RR5とくらべて×な部分

 

・かぶり心地 70点

アライの方が頭全体を柔らかく包んで固定してくれる感じなのに比べて、

点で抑えるというか頭のこことこことここが内装に当たっているっていう感じがあります。

あと、内装の生地感もアライの方が触り心地がいい。

これは好みや頭の形も関係しますね。

 

・風の巻きこみがおおい(ような気がする) 90点

気のせいレベルかもしれませんが、あごから入ってくる風がRX-7RR5にくらべて多い気がします。

コンタクトが乾きました。

これは、RX-7RR5のあご部分から出てくるエアロフラップ、X-Fourteenのあご部分につける

チンカーテン、いずれも使わず、そのまま走った時の感覚です。

X-Fourteenのほうが、あご部分の形状がとがっているためかもしれませんね。

でもこれはチンカーテンをつければ問題解決です。

 

・ダクトレバーの操作性が悪い 50点

エアダクトを開けたり閉めたりするレバーが4か所ありますが

頭の上の2か所がグローブをつけたままだと動かしにくいです。

バイク止めて、バックミラーに写しながらじゃないとできませんでした。

慣れればできるのかもしれませんが、レバーの凸形状が小さすぎて触っているかどうか

グローブ越しではわかりません。慣れというより心眼で見るような技が必要かもしれません(^-^)

 

・シールドの色が薄い 70点

これ、どうでもいいって人も多いと思いますがアドバンス4番には重要です。

高校生のころからそうですが(つまり20年以上前)、SHOEIのシールドって一番濃いスモークでも

外からうっすらと顔が見えるんですよね。日光の向きによってはかなり見えます。

それに比べて、アライの方はかなり濃いのでまず顔が見えません。

真っ黒なシールドに周りの景色が映りこむ感じがかっこよくて、高校生の頃にAraiにしたという

過去があります。今でもそれがたまらなく好きです。

どうせクリア、メロースモーク、ダークスモークと3段階で売っているんだから

もう一段回増やしてスーパーダークスモークでもウルトラダークスモークでもいいから

濃いの売ってくれないかな?

今回もダークスモークが薄いので、ミラーシールドにしようと思ったのですが

ミラーシールドってなんとなくヘルメットが軽く見えちゃうというかしっとりしないというか・・・。

それにミラーコーティングがすぐはがれるらしいので

扱いが悪いアドバンス4番には無理だなと思ってやめました。

一度は使ってみたいんですけどね。

 

・高い 50点

レプリカモデルの定価でRX-7RR5が(よく覚えていませんが)60,000円に対して、

X-Fourteenが76,000円!!税込み82,020円やでorz

(ちなみにAraiの最新モデルRX-7Xは61,000円)

その差16,000円をどう考えるかですが、16,000円余計に払うの価値がX-Fourteenにはあると

アドバンス4番は思います。それにしてもたけぇ(;^ω^)

まあこれはAraiにしてもSHOEIにしてもヘルメット自体が高いですよね。

これで3年にいっぺん買いかえとかできません。

どうしても長く使うことになります。だったら16,000円くらいの差をケチってもねとも思います。

10年使えば1年で1,600円の差ですからね。

 

二つを比較してみましたが点数を見れば一目瞭然。

アドバンス4番の中では次買うときもSHOEIだなっていうくらいX-Fourteenの方が

圧倒的に好印象です。

高速ですごく楽、すずしい、かっこいいに比べたら、シールドの色が薄い、

風の巻きこみが多いなんてことは本当に小さなことです(。-`ω-)

とても気に入っています。

「SHOEIにして失敗したな」なんてことは一切ありませんでした。

 

そんなわけでアドバンス4番的ヘルメット比較をしてみましたが

ヘルメット、何を買おうか迷っている方の参考になればうれしいです。

 

ただ、上の評価はあくまでもアドバンス4番の好みと主観ですので参考程度にしてくださいねm(_ _)m

 

 

                    
                          ↑ドローン空撮サービスはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。