富士ヒルクライムに出場してみた

 

6月の3、4日で富士ヒルクライムという大会に行ってきました。

富士ヒルクライムというのがどんな大会かというと

・富士スバルラインを走って富士山五合目まで行く

・距離24km 標高差1250m 平均勾配5%

という、上り坂を延々と走る自転車の大会です(^_^;)

 

はい、皆さんの言いたいことはわかります。

アドバンス4番もこの大会に出ようと決めた日からほんの半年前に

この大会の概要を聞いたら

「なんで坂のぼるの?」

「馬鹿じゃない?」

って思ったことでしょう。

でも、自転車にはまって自転車に乗っていると

「あれ?前よりも息も切れずに走れるぞ」

「あれ?距離も50kmくらいなら全く平気で走れるぞ」

なんてなってくると、「では、自分はどれくらい強いのかな?」っていうのが

ちょっと気になってくるんです。

この辺は以前にバイクのレースをやっていた時からの本能のようなものです(^_^;)

雨つくば’01

 

また、自転車にはまっているので自転車のイベントに出てみたくなるわけです。

なんでも富士ヒルクライムというのは国内でも最大級の自転車イベントであり

ヒルクライム大会ということで、自転車乗りのあいだでは

この富士ヒルクライム大会のタイムがどれくらいかというだけで

その人がどれくらい強いのかというのがすぐにわかるみたいですし

イベント自体も楽しいものらしいのです。自転車乗りのお祭りみたいな感じですかね。

大会には8,000人くらいが出場するとか(^O^)

 

で、アドバンス4番も出場することにしました。

当初はせっかく自転車買ったんだから家族で出場しようと思ったのですが

下の子が大会当日に12歳未満とのことで出場できず。

そのため、下の子と妻は応援となりました。

アドバンス4番と中学生3年生の娘の二人でエントリーです。

 

つづく

富士ヒルクライムに出場してみた~その2~

 

 

 

 

コメントを残す