今回はこんな感じの溶接例です

ひさしぶりです。

気が付けば、10月は一回も更新できませんでした。

9月5日に更新して依頼ですのでほぼ2か月ぶりですね(;^ω^)

ちょっと仕事が忙しくて、更新まで手が回りませんでした。

で、何がそんなに忙しかったの?というツッコミも聞こえてきそうですので

何をやっていたかちょっと紹介します。

 

通常は金型の補修ということが主なので、ほとんどが単品です。

そのため何十個、何百個という数ものの仕事が来ることはあまりないのですが

定期的に「医療器具の溶接」という仕事をいただいていまして

それが40個×10種類で400個くらいになります。

それをすべて一個ずつ手作業でやりますので、どうしても時間がかかってしまいます。

下の写真は、今回溶接した医療器具の中の一つです。

 

2017.11.8 溶接例1

写真のように、シャフトに部品を通し、それを固定するために肉盛り溶接します。

 

 

 

盛りがよく見えるように、あえて大きな写真を使わせていただきました。

この後さらに両端に部品が一個ずつついて、溶接個所は上の写真の個所を合わせて

全部で4か所。それを40本、すべて肉盛り溶接で固定して溶接完了です。

なんてことをしていたので、ちょっと記事の更新ができず、すみませんでした。m(_ _)m

とはいえ、記事を更新できないほど忙しいほうがいいんですけどね( *´艸`)

最後に一つ・・・・

すいません、溶接前の接写を撮るのをわすれていました、すみません(◞‸◟)

          

 

                     ↑ドローン空撮サービスはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です